-?理の者が?理の生を生きる -?で永遠に生きるのか、心で永遠に生きるのか


?理の者が?理の生を生きる

生とは、存在していることであり

生とは、自らの役割を果たすことにある

人の役割とは、?理の人となり

本?の世界で?と光になることである

本?の世界のために生きる者が役割を全うする者だ

だから自己中心的な生活を

?理を中心とする生活に?えるべきなのだ

その?に福を積み

その?に?を蓄えるべきなのだ

そうした生き方のみが「存在している」ということであり

そうした生き方のみが?理の生だ

人を生かすことが福の中の福である

多くの人が、あらゆる人が生きられるようになることほど素晴らしいことはないではないか

人間の人生と人間が抱えている一切が?像であるのを悟った者だけがそのように生きるだろう

?理となった者はそのように生きるだろう

?で永遠に生きるのか

心で永遠に生きるのか

この世に存在するあらゆる物質の中で、永遠なものは一つもない。現に今この瞬間にも宇宙では星が消滅したり、また誕生したりしている。最も長い?命を持つとされる星でも、その?命は50億年から140億年だという。この地球も星であり、月も太陽も同じである。

つまり、いつかは無くなるものである。

人が永遠に生きるのを確認した者はいるのだろうか。動物が永遠に生きるのを確認した者はいるのか。万象も山川草木もみな移ろい、いつかは無くなることが?理ではないか。

この世に生まれた万象万物がその姿形のままで永遠に生きる方法。それは、?理である大宇宙の心と?に生まれ?わることである。そうしてのみ、その?と魂が、宇宙本?の存在の?で永遠に生きられるようになる。この?が無くなることは?理であり、永遠に生きられるのは?理となった宇宙の心と?だけなのだ。

非物質的??である創造主の?と魂に生まれ?わった者のみが永遠に生きられるだろう。

非物質的??である本?の?で本?とひとつになった者のみが?理だ。だから永遠に生きられることだろう。

本?の?魂のみが永遠に生きられるのである。

文と? ウ?ミョン

ウミョン(禹明) 韓?にて生まれる。長年にわたって生と死、人生について深い考察を重ね、1996年、?理に?して心の目を開く。同年、「マウンスリョン」を創始。現在はアメリカを中心に世界各?でセミナ?、講演等を精力的に行なっている。著書に「この世界に生きずに、永遠なる幸福の?へ行って生きよう」「本物になれる所が本物だ」「生きて天の人になる方法」他多?。

Leave A Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>