-天に生まれた者は天に生き地に生まれた者は地に生きる -?理であってこそ?理を生み出せる


天に生まれた者は天に生き

地に生まれた者は地に生きる

天は 人間が目にする時には 雲があったり、また晴れ渡っていたり 蒼く見えたりもし ??な姿に見えるが 本?の天は、生きている聖?と聖魂である 大?魂そのものである 一切が無い場が聖?の場所であり 一切が無い中に一神が存在する そこが聖魂の場所である 韓?には「神?が現れ出ている」という言葉があるが これはこの存在が生きており そしてこの存在が生きているから天地の万物万象が創造されているということに由?する 人はこの地に生まれ この世に似せて自らが作り上げた地をその心に抱えて 心の中に住んでいる だから、地に生まれた者は地に生きる 天に生まれた者とは ?理なる聖なる?魂に復活した者のことである 天に生まれた者だから 天に?き天に生きる ?像であり?物である自らの一切が無くなった者だから 天の?に生まれ出ることができる 天の?の主が人としてやって?た時にのみ 人は天に生まれることができ そして人は?理となれる 天の?の主のみが人をその?に生まれさせて生かすであろう

文と? ウ?ミョン

?理であってこそ?理を生み出せる

この世における?理本?の存在とは、天地万物万象が存在する以前からある場、すなわち?空の宇宙である。 これが本?の?理である。したがってこの存在から生み出された天地万物万象も?理である。 本?の?理の存在は物質ではなく、?と魂である。この非物質的??が、全知全能であるから、この世を創造したのである。

各宗?では「再臨のイエスが?る」「?勒がやって?る」と語っているが、?理の存在が人としてやって?た時に、 人間も?理となれるであろう。大豆があってこそ大豆が生まれ、?があってこそ?が生まれるように、 ?理があってこそ?理が生まれるはずである。?理である本?の存在がこの世に?た時に人間は?理となれるであろう。 ?が何であり、?理が何であるのかを人がわからずにいるのは、人が?の中にいるせいであり、人の意識が死んでいるせいである。 ?理の存在だけが?理を作ることができ、?である人間を?理にできるのである。

マウンスリョンは、?を?理へと生まれ?わらせる所だ。 ?物である自分をすべて捨てることができ、本物である宇宙の心と?に復活できる所だ。救?とは、?を?理にすることである。 人間の世界には?理がないため、生まれ?わることも復活も、?現できるのは本?の世界の人のみである。 本?の世界の人のみが本?の世界へと導くことができるのだ。

ウミョン(禹明) 韓?にて生まれる。長年にわたって生と死、人生について深い考察を重ね、1996年、?理に?して心の目を開く。同年、「マウンスリョン」を創始。現在はアメリカを中心に世界各?でセミナ?、講演等を精力的に行なっている。著書に「本物になれる所が本物だ」「生きて天の人になる方法」他多?。

Leave A Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>