-万象が生まれた理由と目的は -生きて?理となってこそ天?に行ける


万象が生まれた理由と目的は

?っ?な空は、今も昔も?わることなくただあるなあ

その?空は、人間が暮らす地球にも万象万物にも

ない所がないなあ

永遠の前にもあり、永遠の後にもあるのは

本?である宇宙以前の宇宙だ

夜が明けたら空だけがあるように

この天地が無くなったら天の本精神だけが?る

その精神は物質ではなく、物質が生まれる以前から

自ら存在する精と神なのだ

一つの存在だが、精と神があり

何も無い中に神が存在し

何も無いそのものが天地の母であり

神が万象の心であり万象の意識だ

天地にあるものはこの存在から生まれ出たものである

この存在は、始まりの以前にも存在し

始まりの以後にも自ら存在する全知全能なる

神????なのだ

生きている?理の存在であり、生きている本物の存在である

自ら完全であり、エネルギ?が完全なる本物である

エネルギ?と神が一つだから不足が無く

人間の?像の?と心が

この存在の?と心、すなわち

?理のエネルギ?と神として復活すれば

死ぬことがなくなり、この?で永生不死の神として生きられるだろう

この?はこれそのものがエネルギ?であり

ありのままに自ら存在する。万象が生まれた理由と目的は

この存在の?と心に生まれ?わり

永遠に生きることにある

ウミョン(禹明) 韓?にて生まれる。長年にわたって生と死、人生について深い考察を重ね、1996年、?理に?して心の目を開く。同年、「マウンスリョン」を創始。現在はアメリカを中心に世界各?でセミナ?、講演等を精力的に行なっている。著書に「本物になれる所が本物だ」「生きて天の人になる方法」他多?。

生きて?理となってこそ天?に行ける

一般に宗?を信じている人?は、自分が死んだら天極?に行けるものと思い、

また、?事を?いた者は地獄に落ちると考える。

しかし、天極?はどこにあり、地獄はどこにあるのかを知っている者はいない。

簡?に言えば、天?とは、“?”である?理が生きる?であり、地獄とは、?であり妄想の、?在しない?である。

自分が人としてこの世に生まれたことは奇跡の中の奇跡だ。

自分の祖先から、また自分の?親から、その日、その時に、?億個の精子の中から、

自分につながる精子が卵子に結びついたことはまさに奇跡ではないか。

しかし、自分が奇跡的に生を授かったのは、この地に生まれ、相?の?命を送って死ぬためではないはずだ。

永遠に生きる方法は間違いなくある。人が永遠に生きることは、?理に生まれ?わってこそ?現する。

?理とは本?であり、本?にならなければ生きるすべはない。

生きている時に?理となり、生きている時に天?に生まれていない者が天?に行くというのは道理に合わない話ではないか。

生きている時に、完成そのものである?理に人間がなることは、?である自分自身を消し去ってこそ果たされる。

?理とはこの世であり、?とは自分である。

だから、自分を?し?くせば、消し?くせば、永遠不?の?理が現れることだろう。

生きている時に?理に生まれ?わった者のみが?理だ。その者は、?理の?である天極?に永遠に生きるだろう。

?として死んだら?に終わるだけであり、?とは存在しないものだ。

文と? ウ?ミョン

Leave A Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>